初期相談でお伺いすること
事前にご確認頂くと対応がスムーズです


 初期相談でお伺いすること


面談される場合:下記の内容をお伺いします 

  事前にご確認頂くと対応がスムーズです。


  • 相談者の氏名と住所
  • 対象物件(空き家・空き部屋)の住所
  • 建物の概要(築年数、面積、階数など)
  • 敷地の概要(面積、形状など)
  • 相談したいこと、困っている内容など
  • 物件の現況(老朽化や汚損の程度、使用状況など)
     面談時に写真持参を推奨します。
  • 登記情報(地番・土地と建物の所有名義・抵当権など)
     不明の場合はこちらで調査可(要実費)。
  • 連絡先(メールアドレスや電話・fax)

匿名相談:下記をメールまたはFAXにご記入下さい

  • 対象物件(空き家・空き部屋)の住所(番地無しで可)
  • 物件所有者との関係(本人の場合は所有者本人と記入)
  • 建物の概要(築年数、面積、階数など)
  • 敷地の概要(面積、形状など)
  • 相談したいこと、困っている内容など
  • 匿名にしたい理由
  • 物件の現況(老朽化や汚損の程度、使用状況、周辺環境など)
     写真添付を推奨します。
  • 匿名相談者の連絡先(メールアドレス推奨)
     メールをお持ちでない場合は、宛先を書いた返信用封筒を同封、またはfax番号を記載。

当研究会から返信後に面談を希望する場合は、通常相談でお申し込みください。
空き家が売れそうかどうかの匿名相談は対応しておりませんので、ご遠慮下さい。