設立の趣旨

 茨城県つくば市及び県南地域及び県南地域は、常磐新線の沿線開発をはじめとして、新しい住宅・まちづくりが進展している地域です。そこでの住宅・まちづくりがどのように進むかは、住民はもとより、これからの日本のまちづくりにとって大きな意味があります。

 

 この課題に対して、専門家、大学関係者、研究者、市民活動家、行政関係者などが力を合わせて活動するため、1993年に任意団体「つくばハウジング研究会」が設立され、1996年に「つくば方式マンション」を全国初めて実現に導いた他、住民が主体となった住宅・まちづくりの支援活動、土浦市や水戸市の中心市街地に対する提案、常磐新線沿線開発のあり方の検討などを行ってきました。

 

 そして、このような活動をさらに発展させていくため、2004年10月に特定非営利活動法人「つくばハウジング研究会」を設立しました。法人格を持った団体として、「つくば方式」をはじめとした新しい住宅のあり方の調査・研究、良質な住宅を供給し市街地の再生を図る事業計画の提案、住民主体の住宅・まちづくりのコンサルティングなどの活動を、積極的に進めています。

設立趣意書(PDF)